歯を失ってしまった方へ ―インプラント・入れ歯―歯を失ってしまった方へ ―インプラント・入れ歯―

インプラント治療とは

インプラント治療とは

歯を失ってしまった方が、天然歯と同じような見た目と機能を持った歯を取り戻す方法があります。それが、インプラント治療です。

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の歯槽骨(顎の骨)にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療方法のことです。天然歯と同じように歯根を持ち、人工歯にはセラミックを使用しますので、機能性・審美性ともに優れた治療方法と言えます。

当院のインプラント治療

インプラント担当医:正井良幸

当院では、インプラント担当医がインプラント治療を行います。技術力があり、また実績も豊富ですので、安心して治療を受けられます。

略歴
昭和63年
東京歯科大学 卒業
平成5年3月
東京歯科大学大学院歯学研究科歯科補綴学修了 学位取得
平成5年4月
医療法人真正会 院長
平成13年4月
医療法人真正会 理事長
平成17年4月
東京歯科大学クラウンブリッジ補綴学講座非常勤講師
東京歯科技工専門学校非常勤講師(歯冠修復学 顎口腔機能学II)
学会
  • 日本顎咬合学会(認定医)
  • AIAI国際インプラント学会(認定医)
  • 日本口腔インプラント学会
  • DGZIドイツ口腔インプラント学会(認定医)
  • 日本歯周病学会
  • 日本矯正歯科学会
  • 日本補綴歯科学会
専用オペ室

専用オペ室

インプラント手術用の専用オペ室を完備。リラックスした雰囲気で手術を受けていただけます。

歯科用CT

専用オペ室

当院では精度の高い診査・診断を行うために、歯科用CTを採用しております。CTとは、顎の骨の状態などを3次元的にとらえることができる撮影機器です。顎の骨の状態だけでなく神経や血管の位置なども把握できるため、正確なインプラント埋入可能で、安心・安全な治療を実現します。

インプラント担当医の詳しい情報はこちらへ

※当院でインプラント治療をご希望の方はお気軽に当院までお問合せくださいませ。

当院でおすすめしている自費入れ歯

当院では、歯を失ってしまった方に素敵な生活を送っていただくために、違和感の少ない入れ歯をおすすめしています。

金属床入れ歯

金属床入れ歯

床部分が金属でできた入れ歯です。金属の素材にはゴールド、チタン、コバルトなどがあります。強度があり床部分を薄くできるため、装着時の違和感がほとんどありません。また、熱伝導率が高く、食事をおいしく味わって食べることができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

バネを使用しない入れ歯です。歯を固定する装置と床部分が同じナイロン素材なので、見た目が自然で、入れ歯をしていることが他人からはほとんどわかりません。また、弾力性があるため、装着時の違和感もほとんどありません。

症例1

術前1

術前1

術後1

術後1

術前2

術前2

術後2

術後2

術前3

術前3

術後3

術後3